2011年12月02日

韓国政府の推薦図書『大韓地誌』で竹島は韓国領ではないと認識されていた

308:名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2011/12/01(木) 07:26:26.72 ID:21U4LQO9
大韓地誌、
帝政時代の韓国で編まれた地理書、1899年に玄采の著。
大韓帝国の領域は北緯33度15分から北緯42度15分、東経124度35分から東経130度35分までと記している。
竹島の位置は北緯37度14分、東経131度52分で、大韓帝国の領域に入っていない。
領域認識は日本の統治から解き放なたれた1945年以降にも見られ、当時の韓国においても竹島は韓国領でないと広く認識されていた。
大韓地誌では→日本海と記載。
韓国の学校教育でも使われていた。
1907年独立運動家・張志淵の『大韓新地志』においても、東限を東経130度58分(豆満江口)と記載。
地理教科書として使用されていた、『大韓地誌』は、韓国政府の学部編輯局長・李圭桓の序文が付いた学部推薦図書。
『大韓新地志』は学部の検定を受けた。





posted by 壁|ω・ ) at 00:51| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。